recorder food, technology, mixed martial arts, music

237月/080

北九州周遊ツアー2008/ 02. 小倉~門司

▼一路小倉へ

初日の宿泊先はリーガロイヤルホテル小倉ということで、さっそくナビに登録したのだが、データが古いのでイマイチしっくりこないルートを走らされる事に。

途中、シャッフルにしているはずのipodからはaikoが流れすぎるという状態が続くなか小倉の競馬場を通りかかったのだが、意外とでかくて驚いた。そして意外とでかくて驚いたと言えばリーガロイヤルホテル小倉の隣のベスト電器。九州(福岡?)はベスト電器が強いらしい。

中に入るとすぐに荷物を取りに来てくれたり、部屋まできちんと案内してくれたりでちょっと新鮮だった。ラスベガスでも割といいとこ泊まったけど荷物は後でお届け、部屋までは自力でたどり着くシステムだったからかな。

ホテルから工場を眺める

部屋はなかなかの見晴らしで、夜景が超綺麗とかではないんだけど僕の好きな工場が見渡せたり、数年前に建築雑誌で見て気になっていたリバーウォークも見えたりしてなかなかいい感じ。

部屋で一旦落ち着きつつ、初日の夜の予定を練る。博多で食べたいものが多すぎるので時間が許すようなら門司港を観光したあと長浜の屋台でラーメンを食べることにし、いざ門司港へ!

▼門司港

水曜どうでしょうのサイコロシリーズで地名を知った気がする門司へは思ったより早く着いた。ipodのプレイリストも夜用に変えてテンションをあげつつ海沿いを走っていたら、割といい感じのレンガ造りの建物がチラホラ。

展望台らしき建物

目指している展望台らしき建物を見つけるとこちらのテンションもヒートアップ。しかし目指していた展望台はさっき見たあの建物ではなかった。

門司港の展望台は、意外なことに一般の住居が入っている建物の最上階。展望台の入り口ロビーではひそひそ声でおそらく地元のFMの番組の収録をやっていたのだが、展望台帰りの客の声とかひろいまくりだったんじゃないだろうか。

門司港展望台からのナイスビュー

そんな地元密着感に若干の不安を覚えつつ登った展望台、これは期待通りのナイスビューだった。

門司港駅

門司港駅 ホーム

展望台を満喫したあと、周辺を散歩。なかなか素敵な建物が立ち並ぶ。素敵じゃない建物もチラホラある。門司港の駅は、なかなかフォトジェニックでよかった。ホームも雰囲気あるし、建物もクラシックな感じ。なぜかしゃぶしゃぶ屋が入ってるのもご愛嬌。

展望台の人に博多までどれぐらいか聞いたら飛ばせば1時間って言われたので、博多行き決定!

初日から長すぎる。

Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment


No trackbacks yet.